• お知らせ
  • 会社案内
  • お客様Q&A
  • お問い合わせ
オンラインショップ
柿の葉すし本舗たなかについて
柿の葉すし本舗たなか HOME  >  柿の葉すし本舗たなかについて

「たなか」はじまりのお話

当社の創業は明治後期に遡ります。当時大工の棟梁を生業としていた田中徳松は多くの職人を抱え、職人たちの日々の食事は妻ヨシがまかなっておりました。そのことが高じて国鉄五条駅(現在のJR五条駅)の駅前商店街に食堂を営むこととなり、そこで夏の間だけ作っていた「柿の葉すし」が当社の柿の葉すしのはじまりとされています。

後に食堂は徳松の孫である田中修司(現相談役)に引き継がれ、その妻孝(たか)が作った柿の葉すしは地元の名物となり、大阪や神戸からも沢山のお客様が孝が作る柿の葉すしを求めて店頭にお越しいただくようになりました。これを本業と決意した田中修司によって昭和48年、株式会社柿の葉すし本舗たなかが設立され、柿の葉すし専門店として現在に至る当社の基盤が築かれました。

献上の誉れ 「味は心」

昭和54年に昭和天皇、皇后両陛下が奈良県下に御幸洛の折、中宮寺門跡様より当社の柿の葉すしを献上いただきました。その際、中宮寺門跡様よりいただいた色紙のお言葉を社是とさせていただいたもので、当社の基本的な考えがここにあります。

どれだけ美しく、おいしいおすしであっても、心がこもっていなければ「たなか」のおすしとは言えません。
私たちの使命は心を込めたおすしで食の感動をお届けすること、そして「たなか」のすしが食の楽しさを広げ、四季折々の暮らしを彩っていくことを目指しています。

伝統と革新

2013年、和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、世界的に注目が集まる今、和食そのものと、和食の優れた栄養バランスや、季節と自然の美しさを愛でる和のおもてなし、日本古来の風習や年中行事と地域や家族の絆が見直されつつあります。

奈良五條に伝わる柿の葉すしは、先人の知恵が凝縮された日本の食文化のひとつ。 海から遠く離れた山里で夏祭りのご馳走として、人々が集まる場には欠かすことのできない行事食でした。

鯖を塩や酢で「しめる」、重石をきかせて一晩「押す」ことで味をなじませる、柿の葉で「包んで」香りをうつすなど、柿の葉すしには食の保存の知恵や調理の技術が随所に活かされています。

当社は、「伝統と革新」をコンセプトに、郷土料理である柿の葉すしを大切に守り、地域の食文化を次世代に伝える活動として、毎年地元の夏祭りの時期に「柿の葉すしの手作り講習会」を開催しております。

また、常に革新的な何かを付加する姿勢を持ち、柿の葉の塩漬け技術の研究や、全国発送への挑戦、オリジナル機械の開発など、幾度となく新たな挑戦を繰り返してまいりました。

これからも当社は、郷土料理としての柿の葉すしはもちろん、現代の暮らしにもとけ込む柿の葉すしという商品の魅力、多様性を追求し、未来に向けて柿の葉すしに新たな付加価値を生み出し、発信していくことを目指しております。そして、この素晴らしい食文化を生んだ奈良五條の地に根付き、地域とともに成長し、貢献できる企業でありたいと願っています。

伝統と革新

 

ご注文・お問い合わせ

オンラインショップで買う
お問い合わせ 電話番号0120-773-033
柿の葉すしのおいしいお召し上がり方
吉野川・自然対話レストラン よしの川 NPO法人うちのの館 バンビシャス奈良オフィシャルパートナー 奈良クラブを応援しています
ページの先頭へ